大和市インプラントセンター|インプラント歴20年の医師による安心治療
HOME>当院の特徴

CTについて

Computed Tomography の略称で、Tomography とは 断層像という意味です。
対象物中のそれぞれの位置でのX線の吸収値を、黒から白に至る輝度(明るさ)として三次元表示(3D)したものがCT画像ということになります。
また、従来のX線レントゲンは対象物に対して、
二次元(2D) で平面での診断しかできません。
なので、インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶうえで、CT撮影・診断を導入しているかは、ひとつの判断基準と言えるでしょう。

最新のコンピュータ技術を用いて、事前にインプラント治療のシュミレーションを行うことは成功率を高めると同時に、患者様に対しても安心と安全を提供出来ると言っても過言ではありません。

また、治療の短期化を実現できる点もメリットです。 より正確で安全なインプラント治療を行う上でも、今後CT撮影はなくてはならないシステムとして認知されてくるものと思われます。当院では、安全に治療を行う為にCT撮影を行っております。

※当院では、CT撮影とより安全と精密に治療を行う為にKis-Systemを導入しおります。 Kis-Systemで歯型を取って、これをもとにCT撮影用のステントという装置を作ります。


やなぎさわ歯科で、このCT撮影用ステントをお口の中に入れてCT撮影をします。